日本退職代行協会は、日本初の退職代行サービス業界の協会で「退職代行業界の消費者保護と業界活性化」を最大の目的として発足した組織です。

日本退職代行協会 概要

代表理事

水野 泰英

社団法人 日本退職代行協会 代表理事

 

私自身、退職代行サービスを提供する仕事に携わる機会があり、多くのご依頼者様の退職を代行させていただきました。
ご依頼していただいた方たちからは、自分では退職できずにいた状況から解放されたと感謝されることがほとんどでしたが、ご依頼の中には他の退職代行サービスに依頼したが支払いを催促されるだけで相談にのってもらえない、依頼したにもかかわらず退職できずに放置されて困っているといったご相談を受けることもございました。
こういったトラブルには消費者が優良な事業者であると判断できる基準が無いこと、事業者を監視し適正な運営を促す機関が存在していないことが背景としてあるのではないでしょうか?

 

退職代行サービスは退職できずに悩み、苦しんでいる現状からご依頼者様を解放し、新しい人生を歩むためのお手伝いができる素晴らしいサービスだと思っております。
このままではサービスの質の低下や悪質な業者によって退職代行サービス自体が消滅してしまうのではないかという危機感を覚え、消費者を守り、適正な業界となるための監視役となるため、日本退職代行協会を設立いたしました。

 

まだまだ成熟していない市場だからこそ退職代行サービスを提供する多くの企業・個人事業主と手を取り合い、健全な業界へと成長させていけるよう、協会として様々な課題に取り組んで参ります。

日本退職代行協会代表理事

OUTLINE

日本退職代行協会概要

名称 一般社団法人 日本退職代行協会(日本退職代行サービス協会)
名称(英字) JRAA(Japan Retirement Agency Association)
協会ウェブサイト https://jraa.or.jp/
住所 〒105‐0013
東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
連絡先 support@jraa.or.jp
設立 令和 元年 5月 8日(任意団体発足 3月5日)
事業内容 退職代行サービス事業者及び個人の育成や審査及び資格認定事業
セミナー及び講演会・研修会の開催
退職代行サービスにおける基準の制定・普及
経営コンサルタント業
会員への各種情報の交換及び提供、会員相互の親睦及び福利厚生に関する事業
インターネット及び携帯電話を介した通信を利用した情報の提供及び配信、検索サービス、販売サービスの運営及び管理

お問い合わせ・入会お申し込み